五輪では海外の選手も応援してしまう

英会話教室に通っていて良かったと思うことは、オリンピックなどの国際大会をテレビで観る時に、他の国も応援できることです。
自分が関わっている外国語の国はやはり応援したくなります。

私の場合はドイツ語を翻訳しているので、ドイツやオーストリア、スイスなどの国々の選手たちが出ていると、応援してしまいます。

日本対ドイツなどの競技では、どちらを応援しようか困ってしまう場合もあります。
どちらにも頑張ってほしいものですが、やはり勝敗を決めなくてはなりません。

国によって強いスポーツが違いますし、そこからいろいろな情報を得ることもできます。
それもまた、外国語をやっていて楽しいと思えることです。

もし、翻訳作業をやっていなかったら、今ほど海外に興味を持っていなかったかもしれません。
私の場合は海外に興味があったから、翻訳作業を始めたようなものなので、いずれにしても、オリンピックはかなり楽しめていると思います。

応援している国の選手の活躍を見ると、自分も翻訳作業を頑張ろうと思えてきます。