通信講座で翻訳を学びました

私は学生時代から、日本と海外を繋ぐような仕事がしたいと思ってきました。
しかし、それが具体的は何なのかがハッキリしませんでした。

社会人になってからも、趣味で外国語の勉強を続けてきました。
そして、ある時、ふと翻訳の仕事がしたいと思うようになりました。

ですが、地方に住んでいる私は、具体的にどうやって翻訳の勉強を始めたら良いのかわかりませんでした。
その時にふと目に止まったのが、通信講座による翻訳の勉強でした。

私はさっそく翻訳の通信講座に申込、勉強始めることにしました。
途中、体調を崩したり、他にやることが増えて忙しくなりましたが、延長期間を利用し、何とか最後まで終わらせることができました。

通信講座は終わりましたが、そのあとも、赤ペンで添削してもらったところなどを中心に、教材を振り返ってみました。
この翻訳の勉強を行ったことで、未知だった翻訳の世界が少しだけ見えてきたような気がしました。

今後は地道に翻訳作業をしながら、スキルを高め、仕事のレベルに持って行きたいと思っています。