夏休み中の短期留学は楽しい

大学一年生の夏休みに、私は台湾への語学留学プログラムを大学の掲示板で見つけて行ってみました。三週間の短期留学プログラムでしたが、ゲストハウスの部屋に滞在して、先生になるための師範大学の大学院に在籍する、中国語の先生になるための訓練を受けている大学院生の中国語の授業を受けるというシステムでした。きっと先生たちにとってはトレーニングもかねてやっていたことなのでしょうね。

値段は20万ぐらいだったとおもいます。決して安くはありませんでしたね。でも三週間もありましたし、午前中の中国語の授業は4時間もありました。小さな教室の中で、先生一人と日本から来た日本人学生4人の超少人数のクラスで、バッチリ教えてもらえました。午後にはガイドつきの観光タイムが組み込まれたプログラムでしたが、そう考えるとあの値段は妥当だったのかもしれませんね。

1センチぐらいの中国語のテキストも、3週間で7割ぐらいまで進みました。宿題も毎日欠かさず出ましたし、最後の日にはちょっとした発表タイムもありました。かなり濃い短期留学プログラムでした。これがもし1年続いたら中国語も驚くほどもっと進歩したとは思います。